脂肪吸引の情報サイト「脂肪吸引専門ドットコム」ではモニター募集、体験談、美容外科リンク集など豊富な情報を提供

脂肪吸引専門ドットコム
免責事項 サイトマップ プライバシー お問合わせ

全国の脂肪吸引情報掲載!!

ご挨拶

脂肪吸引専門ドットコムとは?
脂肪吸引術について
脂肪吸引の歴史

脂肪吸引基礎知識

脂肪吸引の必要な方
脂肪吸引気になる部位ランキング
脂肪吸引手術の症例写真
脂肪吸引Q&A
美容整形用語集
ダイエット診断チャート
脂肪吸引トレンドニュース

色々な脂肪吸引方法

色々な脂肪吸引手術の術法
切らない痩身術~メスを使わない脂肪吸引~
脂肪吸引の痛みや不安についてのアドバイス
脂肪吸引手術のプロセス

脂肪吸引のクリニック選び

全国美容整形外科リスト

脂肪吸引体験談

美容ライターによる脂肪吸引体験コラム
脂肪吸引体験談~カウンセリング編
脂肪吸引体験談~手術編
脂肪吸引体験談~脂肪吸引手術後編
脂肪吸引モニター募集

リンク集

脂肪吸引
美容整形外科
世界の脂肪吸引
脂肪吸引ブログ

ランキング

グッズ効き目ランキング
サプリ効き目ランキング

インフォメーション

運営者の紹介
サイトマップ
プライバシー・ポリシー
美容整形で失敗した方へ
お問合わせ
免責事項

脂肪吸引手術の症例写真

脂肪吸引術は米国ではとても人気が高く、年間30万件以上の手術が行われています。
脂肪の付き過ぎた部分から永久的に脂肪組織を除去し、体型を整える為の治療が脂肪吸引
人の顔がそれぞれ違うように、脂肪の付き方も遺伝や環境によって様々です。
特に他の部位に比べて脂肪が多く、外見を損なわせているというような場合に、脂肪吸引は有効な選択肢となります。
そんな脂肪吸引の各部位別症例写真です。

部位 手術前→手術後 説明
脂肪吸引:顔 通常、直径1.4~1.6ミリのごく細いカニューレを使用するため、手術跡はほとんど残りません。
麻酔も特殊な中性麻酔を使うのでほとんど痛みもありません。
手術時間は20分程度で、その日は30分ほど休んで帰っていただけます。その後、3~4日は頬にテーピングをしますが、テープが取れれば腫れも引き、少々むくんでいる状態に。
3~4週間で外見上ほぼ仕上がり、2ヶ月後には皮膚のつっぱりや硬さもなくなります。
お腹 脂肪吸引:お腹 脂肪吸引を希望される方のトップがこのお腹です。
お腹のような広い場所の場合、ひとつの方向だけで吸引はできないため、複数の場所からネット状にカニューレを交差させて吸引します。
同様にヒップや太ももなども複数の場所から吸引を行います。
脂肪吸引:腕 本来なら太りにくい部位ですが、いったん太ってしまうと痩せにくいため、ダイエットをしても簡単に細くなりません。
面積が狭く、層の浅い脂肪を吸引するため、ほかの部位と比べても比較的、短時間で行います。手術は入院なしで 時間は両腕で約1時間。
シャワーもお風呂もその日から可能です。手術はひじのシワからアプローチするため、手術跡はほとんど消え、術後5日~1週間ほどは薄いガードルで固定し、1~2ヵ月後には完璧に仕上がります。
太もも 脂肪吸引:太もも 太ももについた脂肪は、簡単に落ちるものではなく、脂肪吸引に適した部位といえます。
今までは大腿部全域にわたった脂肪吸引は難しいとされていましたが、細いカニューレと傷跡保護器具(KBケース)を使用している共立美容外科では、広域の脂肪吸引も可能となりました。
ふくらはぎ 脂肪吸引:ふくらはぎ ふくらはぎはほかの部位と違い、最も技術を必要とするところです。
というのも単に皮下脂肪がたまっているふくらはぎなら手術は簡単ですが、多くの場合、スポーツなどで筋肉が発達している場合や生まれつき骨が太い場合は、脂肪そのものが少なく吸引しても細くなりません。
そのためふくらはぎの脂肪吸引に関しては、いかに脂肪を取るというよりは、いかに魅力的に脂肪を残すかが問題であり、医師の技術が問われるといわれています。