脂肪吸引の情報サイト「脂肪吸引専門ドットコム」ではモニター募集、体験談、美容外科リンク集など豊富な情報を提供

脂肪吸引専門ドットコム
免責事項 サイトマップ プライバシー お問合わせ

全国の脂肪吸引情報掲載!!

ご挨拶

脂肪吸引専門ドットコムとは?
脂肪吸引術について
脂肪吸引の歴史

脂肪吸引基礎知識

脂肪吸引の必要な方
脂肪吸引気になる部位ランキング
脂肪吸引手術の症例写真
脂肪吸引Q&A
美容整形用語集
ダイエット診断チャート
脂肪吸引トレンドニュース

色々な脂肪吸引方法

色々な脂肪吸引手術の術法
切らない痩身術~メスを使わない脂肪吸引~
脂肪吸引の痛みや不安についてのアドバイス
脂肪吸引手術のプロセス

脂肪吸引のクリニック選び

全国美容整形外科リスト

脂肪吸引体験談

美容ライターによる脂肪吸引体験コラム
脂肪吸引体験談~カウンセリング編
脂肪吸引体験談~手術編
脂肪吸引体験談~脂肪吸引手術後編
脂肪吸引モニター募集

リンク集

脂肪吸引
美容整形外科
世界の脂肪吸引
脂肪吸引ブログ

ランキング

グッズ効き目ランキング
サプリ効き目ランキング

インフォメーション

運営者の紹介
サイトマップ
プライバシー・ポリシー
美容整形で失敗した方へ
お問合わせ
免責事項

脂肪吸引トレンドニュース

今なら無料でキレイになれるチャンス!

共立美容外科・歯科では、少しでも多くの女性のコンプレックス解消のお手伝いのため
“KYORITSU「ビューティ」PROJECT”をスタートいたします。「目を大きくしたい」、「鼻を高くしたい」、
「胸を大きくしたい」、「くびれがほしい」、「10歳若返りたい」…。全身すべての悩みに対応しています。

今まで手術をしたかったけど費用が、と悩んでいた方にも、今回は無料にて手術を受けられます。
もちろん美容外科、口腔外科、美容歯科、それぞれのトップドクターによるトータルビューティであなたをキレイにしていきますので安心してご応募ください。


>>リソースはこちらです

歌手チンジュ、ダイエットでミュージカルの配役失う

デジタルシングル『カシリ』のリリースを控えた歌手チンジュが、痩せ過ぎた容姿のため現在公演中のミュージカルで、キャスティングを断られた事実が一足遅れて知らされた。

チンジュは、2004年主演で公演したミュージカル『タムフルズ』のスタッフとともに、新しいミュージカルの公演を行う予定だったが、あまりにも痩せたため、ミュージカルの全体的なストーリーと不調和となり、残念ながらキャスティングを断られたという。

一方歌手チンジュは、近いうちにデジタルシングルタイトル曲『カシリ』をリリース、ミュージックビデオも発売とともに公開される予定。


>>リソースはこちらです

肥満の影響は女性で大きい

肥満による身体的、社会的被害は、男性より女性で大きいことが、先ごろシドニーで開催された国際肥満学会(ICO)で報告された。

AFP 通信によると、デンマーク政府栄養・医療研究アドバイザーのBerit Heitmann氏は「研究結果は、肥満と女性以上に悪い組み合わせはないことを示しており、肥満女性は肥満男性に比べ、社会的な恥辱を加えられることが多く、友情、恋愛、社会的交流、教育、収入、尊厳が奪われている」と述べている。


>>リソースはこちらです

朝食にソーダ…子供の肥満、やっぱり親のせい

【ワシントン=ナンシー・ヘルミック】セントルイス子供病院の栄養士、タラ・トッドさんは「肥満で来院する子供の親はやはり肥満」という。アルバート・アインシュタイン医科大(ニューヨーク)の栄養士、キース・アユブさんは「親よりも健康的な食事をしている子供はいない」と話す。
 アメリカ・オン・ザ・ムーブ財団が8―18歳の1487人に聞いたところ、「健康の“いろは”を教えてくれる人」として、71%が母親をあげ、43%は父親をあげた。子供の肥満問題で食品業界が激しく非難されているが、親がお手本を示すべきだというのが専門家の一致した意見だ。


>>リソースはこちらです

ワカメが脂肪を燃焼し肥満を防ぐ

日本で広く消費され、米国でも和食レストランの味噌汁の具としておなじみの茶色の海藻(褐藻類)の一種、ワカメ(学名Undaria pinnatifida)に、おいしいさだけでなく、余分な脂肪を燃焼させる働きのあることが示された。北海道大学大学院水産科学研究院教授の宮下和夫氏らの研究によるこの知見は、サンフランシスコで開かれた米国化学会(ACS)年次集会で発表された。

研究グループは、ワカメに含まれる褐色の色素フコキサンチンにより、マウスの腹部脂肪が縮小し、体重が5~10%減少することを突き止めた。腹部の白色脂肪組織に含まれ、脂肪の酸化およびエネルギーの熱への変換を促す蛋白(たんぱく)を、フコキサンチンが刺激していると思われるという。また、フコキサンチンには、オメガ-3脂肪酸である DHAの産生を促す働きがあることもわかった。DHAは、アテローム性動脈硬化症の一因となる悪玉コレステロール(LDL)を減少させる。


>>リソースはこちらです

<抗肥満物質>食欲抑制のたんぱく質発見 群馬大グループ

群馬大大学院の森昌朋教授(病態制御内科学専攻)らの研究グループは、摂食やエネルギー代謝を制御する脳の視床下部に直接働きかけて食欲を抑制するたんぱく質「ネスファチン1」を発見した。動物実験で既に、皮下脂肪型と内臓脂肪型の両方の肥満の解消効果を実証しており、研究結果は2日付の英国の科学誌「ネイチャー」電子版で発表する。森教授は「メタボリック・シンドローム解消の切り札。できるだけ早く臨床での使用を目指す」と話している。


>>リソースはこちらです

沖縄では肥満問題が深刻化、原因はハンバーガー!?

[東京 18日 ロイター] ハンバーガーとお酒の影響で、沖縄では太った人が多くなっている。このため、那覇では市が企画したダイエット競技会が開催される。

厚生労働省が今年初めに発表した統計結果によると、20~60歳の日本人男性で肥満とされる割合は2000年には24%だったが、今年は29%となったそうだ。増加の原因として、食文化の西洋化が挙げられている。

しかし、沖縄では肥満がさらに深刻な問題となっている。那覇市の職員によると、沖縄に住む40~50代の男性の45.4%が肥満しているという結果になったからだ。

那覇市役所の広報担当者は、もはや沖縄が日本一の長寿県ではなくなった一因として、第二次世界大戦後から1972年まで沖縄を支配した米軍の「ハンバーガーを頬張る食習慣」を挙げている。

「かつて沖縄の人々は、健康的な食生活を送っていたのです。しかし第二次世界大戦後、米国が沖縄を支配するようになってから食生活が“米国風”になってしまい、このことが肥満の原因として考えられます」

他にも肥満の原因として、「お酒」があると広報担当者は話す。

「沖縄には電車がないのです。最終列車の時間を気にせずにお酒を飲み続けることができるのです。これも原因の一つではないでしょうか」

那覇市が企画したダイエット競技会では、参加前と終了後にウエストの計測があり、優勝者は市長らが決定する。

>>リソースはこちらです

早食いは肥満のもと 名大グループ調査

早食いをすると、それだけで肥満を招きやすくなることが、名古屋大グループの調査でわかった。早食いで太るのは、満腹感を感じないうちに食べる量が増えてしまうのが主因だと考えられてきたが、ゆっくり食べる人たちと同じ量をとったという前提で計算し直しても同様の結果だった。

 玉腰浩司・助教授(公衆衛生学)、大学院生の大塚礼さんらが、愛知県内に住む35~69歳の男性3737人、女性1005人から、身長や体重、食事内容や運動習慣といったデータを集めた。食べる速さは「かなり遅い」「やや遅い」「ふつう」「やや速い」「かなり速い」の5段階で申告してもらった。

 データを分析すると、食べるのが速い人は食べる量も確かに多かったが、グループは、食べる量の違いが体重に与える効果を統計的に除去。同様に運動習慣の効果も消し、純粋に食べる速さと肥満との関係を求めた。

 その結果、食べる速さが「ふつう」の男性の平均的な身長である168.3センチで見ると、「ふつう」の人(体重64.8キロ)に対し、「かなり速い」人は3.9キロ重く、「かなり遅い」人は3キロ軽い計算となった。

 女性では、156.6センチで「ふつう」の人(52.8キロ)に対し、「かなり速い」は3.2キロ重く、「かなり遅い」は2.7キロ軽かった。

 早食いそのものが肥満を招く理由はまだよくわかっていない。早食いだと、エネルギーの取り込みを促進するホルモン、インスリンが過剰に分泌される可能性などが考えられるという。

 グループの豊嶋英明教授は「早食いのくせは若いうちに身についているようだ。よくかんでゆっくり食べる習慣を、子どものころから身につけてほしい」と話す。


>>リソースはこちらです

グレープフルーツが脂肪を分解・燃焼する?

グレープフルーツの香りをかぐことで脂肪が燃焼されることが、大阪大蛋白質研究所の永井克也教授(神経科学・生化学)らの研究で裏付けられ、2005年10月13日、札幌市で開催された「日本肥満学会」で発表されました。


これまでもグレープフルーツの香りにダイエット効果があるといわれてきましたが、科学的な証拠はありませんでした。今回の研究もラット(うさぎ)ではありますが、生体内反応を見た初めての研究として、注目してよいと思います。いづれヒト(人間)での研究も進むことを期待したいところです。


またその一方で、今回の研究でラベンダーの香りはグレープフルーツとは全く正反対の作用を及ぼし、脂肪を蓄積させることが判明したそうです。精油の中でもラベンダーはリラックス効果があるとして最もポピュラーなアロマセラピーだっただけに、少々驚きました。


今回の実験方法として、永井教授チームは、グレープフルーツから抽出した精油を10分間、実験用ラットにかがせて、その結果脂肪が分解され血中のグリセロール濃度が2倍以上になったことを確認したというものです。


また同時に体温が上昇し、さらに脂肪が燃焼されていることも突き止めました。また同時に副交感神経の活動を弱めて食欲を低下させた後にグレープフルーツの匂いを嗅いだラットは、匂いを嗅いでいないラットと比べて体重が約5%減ったことも確認したそうです。


昨年来からダイエット効果をうたったグレープフルーツの石鹸や入浴剤が発売されて市場をにぎわしていますが、今回の研究でラットでの効果が認められたことは大変、有意義な事だったと思います。


詳しくは2005年10月13日に行われた第27回日本肥満学会の発表内容が公表され次第、もう少し詳しく掲載していきたいと思います。


>>リソースはこちらです

急にお腹が出てきた!これってただの肥満?

一見、普通の体格だけど、裸になるとスゴいんです。いったい、なにが…? 実は最近おなかがポコッと出てきて、貫録十分…。
もし、あなたがそうなら、立派な「隠れ肥満」かもしれません。そして、そのまま放置しておくとやがて命にかかわる危険な病気にかかってリスクが大きくなります。
こんなことになる前に、危険な肥満を徹底的に撃退しましょう!

■あなたの隠れ肥満症危険度チェック



□ 好き嫌いが激しいほうだ
□ 魚より肉類が好きだ
□ 野菜はあまり食べないほうだ
□ 満腹するまで食べてしまう
□ 早食いで、よく噛まない
□ 朝食を食べないことが多い
□ 夜9時以降に夕食をとることが多い
□ 間食や夜食をよくとる
□ 外食やコンビニ食が多い
□ 缶コーヒー、ジュースをよく飲む
□ 運動らしい運動をしていない
□ 生活が不規則でいつも睡眠不足気味
□ 休日はダラダラ寝てしまう
□ ストレスを溜め込むことが多い
□ 家族に太っている人が多い
□ 20代のときに比べて10kg以上太った

内臓脂肪はメタボリックシンドロームの元凶

「20歳代の頃に比べて、体重が10kg以上増えてしまった。腹もポッタリ出てきたし…。まあ、中年になれば仕方がない、このままでもいいか…」
最近、太ったとお嘆きのあなた、こんなふうに思っていませんか? もし、あなたが単純な肥満なら幸いですが、危険な肥満=肥満症なら、将来的に命に関わる危険な病気にかかるリスクが高くなります。
肥満症とは単に太っているだけではなく、肥満を原因とする健康障害があり、医学的な治療が必要な肥満。そして、将来的なリスクとは下の表のように、脳卒中、虚血性心疾患、大腸がんなど命に関わる病気です。
特に、内臓の周りにベッタリと脂肪がついた内臓脂肪型肥満(皮下に脂肪が多く蓄積したタイプは皮下脂肪型肥満)に、糖尿病、高脂血症、高血圧症が重なるとやがて脳卒中や心血管病を引き起こすリスクがひときわ高まることが確認されています。
最近、内臓脂肪の蓄積に加えて、高脂血症や高血圧、糖尿病を合併した状態を『メタボリックシンドローム』と呼ぶようになりました。


■内臓脂肪型肥満は病気の製造工場■
・高脂血症 ・動脈硬化
・高血圧 ・虚血性心疾患
・糖尿病 ・大腸がん
・脳卒中 ・乳がん

こんなに多くの病気の原因になっています!

腹の周囲が85cm以上あるとイエローゾーン

とはいえ、自分の肥満がどれだけ危険か、また、内臓脂肪型肥満なのか、簡単にはわかりません。
一般に、肥満の判定基準として、日本肥満学会では、BMI(ボディ・マス・インデックス※)という指数を利用しています。標準体重は、BMIが22のときに相当する体重とされます。また、普通体重はBMIが18.5以上25未満の範囲であり、25以上を肥満と判定します。
そして、前述のように、肥満に伴いなんらかの病気を持っている場合は肥満症と診断されます。
ただし、BMIだけでは内臓脂肪型肥満と皮下脂肪型肥満の区別がつきませんし、人によっては25以下であっても体脂肪率が高い場合があります。これがいわゆる隠れ肥満です。
内臓脂肪型肥満を推定する簡便な方法として、ウエストサイズ(通常はへその位置の腹囲)が注目されています。もし、男性で85cm、女性で90cmを超えているようなら内臓脂肪型肥満が疑われるのです。

※BMI=体重(kg)÷身長(m)の2乗
肥満判定の基準はBMI。数値が25以上になると危険!

栄養バランスを整えるためにサプリも積極的に活用

それでは危険な内臓脂肪型肥満を防ぎ、すでに、お腹にベッタリ脂肪がという人は、どのようにダイエットをすればいいのでしょう。それは、言うまでもなく、食事、運動、さらには睡眠時間まで含めた生活習慣全般の見直しです。
まず、食事は炭水化物、たんぱく質、脂質の三大栄養素にビタミン、ミネラルの摂取量を意識し、バランスよく多種類の食材を摂ること。脂質や糖質、塩分の過剰摂取を防ぎ、エネルギーの過剰摂取を避けることが肝心です。
魚より肉が好きな人、野菜嫌いの人、甘いものやジュースや炭酸飲料が好きな人、アルコールを毎日飲んでいる人などは、特に緑黄色野菜が不足する傾向があるので、意識的に食べてください。そして、毎日の摂取エネルギー量と栄養バランスも見直します。もし、不足する栄養素がある場合はマルチビタミン、マルチミネラルなどのサプリメントを積極的に活用するのも一手段です。


>>リソースはこちらです